太陽光発電のしくみ

太陽光発電はお得!太陽光パネルを設置するメリットとデメリット

太陽光発電は家の条件があえばお得!

「お得になるなら太陽光発電を設置してみたい!」という人も多いのではないでしょうか。

僕も初めは「損をしないで電気代の節約ができるなら別につけてもいいかな」という感じでした。

うさぎちゃん
だからこそ、お得かどうかが知りたいんだよね。
ぶっちゃけ、かなりお得だよ。今では毎日の天気で一喜一憂して楽しんでるよ。
かえるくん

今回は、太陽光発電を始めることが「お得かどうかのメリット・デメリット」や「お得になるための条件」について紹介していきます。

しっかり調べて契約すると、条件にあう家は間違いなくお得になると思います。

太陽光発電はお得?

そもそも太陽光発電がお得かどうかですが、人それぞれというのが正直なところです。

地域や立地条件、設置費用など、どのような家に設置するかで収支は全然違ってきます。

かえるくん
太陽光の発電量は梅雨や雪などの天気でも大きくかわってくるよ。
最近は長期間の雨や猛暑だとか天気も不安定だよね。
うさぎちゃん

ただ、いくつかの条件がそろっていれば、ほとんどの家でお得に節約生活ができると思います。

実際、僕の場合も「月にいくらお得になる?実際の設置してみた収支を紹介します」で紹介している通り、平均すると月1万円近くの節約ができている状態です。

月にいくら節約できる?実際に太陽光パネルを設置した収支を紹介

続きを見る

お得になるための条件

あとでメリットとして紹介しますが、基本的には太陽光発電は設置した人が得になるように買い取り価格も設定されています

なので、次の条件があてはまっていれば、まず損する事はないかと思います。(大前提として実際に住んでいる持ち家に設置していると考えています)

お得になるための条件

  • 屋根の向きが南方向(北側ではない)
  • ある程度の面積がある
  • 影があまりかからず太陽光が当たる屋根
  • 設置価格が安い(あるいは適正な)業者に依頼をする
  • 建築から数年ほどの新しい家(屋根)

これらは全部があてはまらなくても大丈夫です。

僕も屋根の形によって、朝夕に少しですが影が入ってしまう状態ですが、発電量は全然多いです。

これから建築する家の場合

あたりまえですが、「太陽光での発電量が多いほど」、「設置費用が安いほど」プラス収支になってきます。

これから家を建てる予定の人は、屋根の向きや角度なども考えておくとお得になりやすいです。

太陽光パネルを「建築時に取り付けるか」、「後で取り付けるか」は、住宅メーカーだけでなく、専門の設置会社にも見積もり依頼していた方がいいです。

住宅ローンの方が金利は安くても、そもそもの設置費用が全然違う場合があります。

すでに建築済みの家の場合

すでに家が建っている場合にも対応できるのが、太陽光の設置をお願いする業者の選定です。

設置にかかる費用は何社かに見積り依頼をしてみる事で全然変わってきます。

かえるくん
10年かかってようやく設置費用が回収できるぐらいだと高すぎるから気をつけよう。
たしかにパワコンの交換などでを考えると、結果的にプラスにならなかったりするね。
うさぎちゃん

また、屋根が古くなっていて、途中でメンテナンスが必要になる場合もあるかも知れませんので、そのあたりもしっかり確認が必要です。

屋根の方角については、南側じゃない場合でも角度によっては問題なく発電してくれるみたいです。

このあたりは、設置会社の実際に調査したシミュレーションで教えてもらいましょう。

太陽光を設置するメリットとデメリット

電気代の節約という部分では、まずお得になる太陽光発電ですが、電気代以外でのメリットもデメリットもあります。

太陽光パネルを設置することでのメリットとデメリットは、それぞれ下記のようなものがあります。

太陽光発電のメリットについて

太陽光発電を始める事は、基本的にはメリットの方が多いです。

メリットについては、一般的によく聞くのは「電気代が節約できる」・「環境に優しい」・「災害時の保険になる」といったものですよね。

正直、僕もそう思います。

実は、設置するまでは「あやしい」と思って否定的だったのですが、今となっては「何故もっと早くからしなかったんだろう」とすら思ってます。

太陽光発電のメリット

  1. 節約どころか家計にプラスになる(設置状況と価格次第)
  2. 災害時に自家発電出来る
  3. 夏は家の温度が下がり、冬は暖房の効きが良くなる
  4. 自然エネルギーなので環境に優しい
  5. こどもの環境学習にも使える

実際に太陽光パネルを設置してみても、これらはやはりメリットとして感じています。

節約どころか家計にプラスになる

FIT(固定電力買取価格制度)によって、設置者が損をしないように売電単価が決められています。

だから売電単価が下がっていても設置費用が安くなっているので、基本的には損はしないと思います。

参考
売電単価が下がった今は損?実はお得になった太陽光パネルの設置費用

続きを見る

ただ、設置費用が高いままの会社と契約してしまうと、結果的にマイナスになる可能性があるので気をつけましょう。

災害時に自家発電出来る

災害などで停電になった際も太陽光パネルによって、自家発電することができます。

太陽光パネルだけでは太陽がでている時しか電気は使えないですが、それでも冷蔵庫の使用や携帯電話の充電など十分に役に立つでしょう。

また、蓄電池も一緒に設置していれば、夜でも使えるので、災害時の保証を考えると蓄電池の検討もしてもいいと思います。

夏冬の温度調整がしやすい

屋根に太陽光パネルを載せる事で、夏は家の温度が下がり、冬は暖房の効きが良くなります。

かえるくん
夏は直射日光をやわらげて、冬は暖房効果を逃がしにくくするんだよ。
屋根の上のパネルが冷暖房をより効果的にしてくれるんだね。
うさぎちゃん

重さのあるパネルを屋根に載せる事はデメリットと思われがちですが、夏冬の温度が良いように変わってくるメリットになるのは意外でした。

自然エネルギーなので環境に優しい

太陽光発電は、電気を取りだせる新エネルギーの1つです。

「環境に優しい」という部分については、産業用での森林伐採や数十年後の廃棄などで色々言われていますが、程度によっては火力発電を減らしたり出来る事を考えると、やっぱり環境に優しいエネルギーと言えると思います。

特に家の屋根に設置する場合は、ほとんど無駄のないエコではないでしょうか。

どこにでも設置をするのではなく、節度ある設置をしたいところですね。

こどもの環境学習にも使える

自然のエネルギーを使うという事で、こどもの環境学習にも使えます。

こどもが小学生ぐらいであれば、毎日のデータをグラフにしたりして、夏休みの自由研究とかにも良いかもですね。

ちなみにこどもの小学校にも太陽光パネルがありました。

太陽光発電のデメリットについて

じゃあデメリットはないのかというと、やはり多少のデメリットもあります。

なかなか太陽光発電に踏み切れない人も多いのは、このデメリットが気になるというところではないでしょうか。

太陽光発電のデメリット

  1. 太陽光の設置に費用がかかる(「一括払い」か「ローン払い」)
  2. 設置費用の元を取るのに時間がかかる
  3. 地震などで家が倒壊すると設置した意味がない
  4. 引っ越しが出来なくなる
  5. 業者に騙されるかもしれない(価格が高い・家の条件が悪いなど)

デメリットに関しては、単純に考えると上記のように、

  • 「始め(ローンなら月々)に出ていくお金が必要」
  • 「設置後に維持しなければならない」
  • 「適正な設置費用かがわからない」

という3点になると考えられます。

僕が初めになかなか興味が出なかったのは、初めの10年間はずっとマイナスというイメージがあったからでした。

しかし、先ほどのメリットで書いたように、実は設置する事での金銭面での負担は特に無いと言えます。

現時点では、設置しようがしまいが「再エネ賦課金」という形で電気代に入っているので、なんなら設置した方がよっぽどお得です。

かえるくん
とはいえ、設置費用が相場より高いとマイナスになるので、シミュレーションが大事だよ。
発電量が確保できる屋根状態かも見ておかなきゃね。
うさぎちゃん

自宅に設置する太陽光で元をとるのに10年かかるという会社は、ぶっちゃけ高い会社なのでやめておきましょう。

また、設置費用は高い会社でなくても、そもそもの家の条件が悪ければ(影が多いなど)、設置はしない方がいいです。

あと、気になるメンテナンスについては、自分たちで状態を確認するというよりも、契約する会社を選ぶ際にメンテナンスがどのぐらいの頻度であるかを確認しておけば大丈夫だと思います。

デメリットについては、この3点に引っかかりが無ければ、太陽光の設置を考えた方が良いでしょう。

ただ、お得に太陽光発電できる条件かどうかは、しっかり確認が必要です。

太陽光パネルはしっかりと考えて設置しよう

太陽光パネルの設置は安いものではありません。

そして、車などと比べて圧倒的に情報が少ないし、見積もりなどもわかりにくいです。

だからこそ、設置会社の営業や実際に設置している知り合いなどに、疑問点を質問して解消しておきましょう。

知識を得たうえで考えて納得した場合は、まずお得な太陽光発電になると思います。

詳細は各家々によってかわってきますが、平均的な例としてこのサイトも参考にして頂ければ幸いです。

設置することがお得かどうかは自分しだいでもあるので、しっかりと考えて設置していきましょう。

\見積りは無料!/

太陽光発電の一括見積りはコチラ

※依頼は3社以上を目安にしましょう。

おすすめの一括見積もりサイト

-太陽光発電のしくみ

© 2020 太陽光発電でお得に節約生活