お得にする為のポイント

売電単価が下がった今は損?実はお得になった太陽光パネルの設置費用

太陽光発電を始めるのはいまからでも遅くない!

太陽光発電を始めたいけど、売電単価が下がったりで「今からだと遅いかな?」と思っている人って多いと思います。

実際、僕も太陽光発電について調べる前はそう思ってました。

ただ、実は今から設置する方が太陽光発電がお得になる可能性も高かったりします。

なぜかというと、売電単価以上に設置にかかる費用が安くなってきているからです。

かえるくん
太陽光発電でお得にするには、「売電収入」もだけど、「設置による支出」を減らすことが大事だよ。
今からの方が支出が減るからお得になるかも知れないんだね。
うさぎちゃん

僕も20019年の11月から太陽光発電を始めたのですが、かなりお得に太陽光パネルを設置できました。

これからの設置で迷っている場合は、この記事も参考にしてみてください。

そもそも固定買取の売電単価って?

太陽光発電といえば、「売電収入」と「電気代の節約」が主な目的になってきますよね。

その売電収入で大きく関わってくるのが、「FIT」です。

FITとは

これはフィードインタリフという再生可能エネルギーの固定電力買取制度の事で、導入した時期によって一定期間(10年間)の売電単価が固定される制度になります。

よく聞く売電単価は、この10年間の固定された売電単価のことをいいます。

かえるくん
FITが制定された目的は再生可能エネルギーを普及させるためなんだよ。
たしかに、この高く売電できる期間がなかったら赤字になるから普及しないよね。
うさぎちゃん

そして、このFITが日本で始まったのが2009年、初めは1kW48円から始まりました。

ただ、年々少しずつ減っていき、2019年で24円、2020年は21円と現在は半額以下となっています。

ちなみに、10kW以上の事業用太陽光発電の場合は、金額は住宅用の約半分だけど期間は20年間だったり、他にも風力発電や地熱発電にもFITは関係しています。

売電単価が下がる理由

これだけを聞くと、「やっぱり昔の方が得なんじゃないかな」と思いますよね。

でも、実はこの売電単価が下がっている理由は、太陽光パネルの性能が上がって、なおかつ価格も安くなってきていることだったりします。

そもそも普及するのが目的の補助制度なので、設置費用が下がるとやっぱり補助の金額も下がるものです。

だからこそ次に重要なのが、太陽光パネルの設置費用になってきます。

これからの太陽光発電でお得になる部分

先ほど説明した通り太陽光発電の売電価格の低下があっても損をするわけではありません。

これから太陽光発電を始める場合でも、下記のポイントによって、以前よりもお得になっています。

お得になるポイント

  • 太陽光パネルの設置費用が安くなること
  • 性能が向上されていること

また、これから電気代が高くなっていくとも言われているので、そうなるとより太陽光発電がお得になってきますね。

設置費用が安くなっている

読んで字のごとくですが、太陽光パネルの設置費用も年々安くなってきています

例えば、1kWあたりの平均の設置費用は2009年で「40~50万円」、2019年で「20~30万円」ぐらいと言われています。

実際に太陽光パネルを設置した価格

ただ、実際はもっと安く設置できて、僕の場合は2019年に5.565kW設置して写真のように94万円(ローン含めず)でした。

なので、平均より安い1kWあたり「17万円」以下で実際に設置できています。

かえるくん
平均はあくまで平均で、決して目指すべき価格帯ではないんだよ。
平均だと高い価格と安い価格の間でお得な価格帯ではないもんね。
うさぎちゃん

ほとんどの支出は設置費用なので、ここを安く抑えることでプラス収支になる可能性がかなり上がります。

太陽光パネルの性能が上がっている

あと知っておきたいのは、上記のように設置費用も安くなっていますが、太陽光パネルの質も上がっていることです。

ほとんどの家電製品と同じく、太陽光パネルも新しくなる度に性能が向上しています

具体的には、太陽光を電気に変える変換効率が上がっているのはもちろん、熱に強くなったり、曇りでも発電しやすくなるなどがあります。

かえるくん
つまり、パネルは同じ大きさでも発電量が増えているんだよ。
ということは、以前よりも節約効果が期待できるようになっているんだね。
うさぎちゃん

設置費用も安く、発電量も増えているので、かなりお得になってきています。

太陽光パネルを設置するタイミング

太陽光パネルを設置する時期については、説明したように今からでも全然問題はないです。

あとは、取りつけるタイミングもしっかりと考えておきましょう。

住宅メーカーのオプションは確認が必須

例えば、新築をするときに、住宅メーカーのオプションで太陽光パネルの設置をする場合、現在の設置費用にあったものか確認が必要です。

というのも、オプションでの価格は、元々決まった大きさで一定の価格だったりします。

かえるくん
実際は設置費用が安くなっているのに、オプションを設定した2~3年前のままの価格ということもあるんだよ。
前の高いままの価格で設置するとかなり損した気分になるね。
うさぎちゃん

全部がそうではないものの、他の会社の見積もりと比較した方が安心ですね。

固定買取価格が変わる前に申請が必要

また、その時の固定買取に間に合うために、12月にはFITの申請をする必要があります。

なので、間に合わせるためには、9月には設置会社と契約を終えておきたいところです。

書類の不備などで間に合わないなどにならないように、設置会社にもしっかりと確認をとっておきましょう。

今後は産業用の固定電力買取制度が終わってくるなど、住宅用でも固定買い取り制度が見直されるかも知れないので、設置するなら今のうちかも知れません。

時期とタイミングを見ながら、太陽光発電を始めていきましょう。

\見積りは無料!/

太陽光発電の一括見積りはコチラ

※依頼は3社以上を目安にしましょう。

おすすめの一括見積もりサイト

-お得にする為のポイント

© 2020 太陽光発電でお得に節約生活